フォト

にほんブログ村

写真

無料ブログはココログ

« お久しぶりです | トップページ | 俳句の思い出 »

2018年8月29日 (水)

曲の弾き始め方

こんにちは🎵

今朝は、少し涼しかったですね😃風は湿気をかなり含んでいましたが、暑さは含んでいなかったですよ。
 
スマホからでもそこそこ書けることがわかったので、今日も書いてみます。
今週は、レッスンお休みです。夏休み頂きました・・・・と思ったら次男のお友達が5人お泊まりに来ています🤣まあ、8月始めに14人もの友人が2泊していきましたからね、それから比べれば・・・ね😁
 
大変久しぶりなので、ピアノの弾き方について少し書こうかと思います。
お子さんに関しては個々違いますので、今日は、大人の方を対象です。
 
まずは、弾き始めるときって、どのようにしていますか?
いきなり弾き始める
手を鍵盤の上に置いて準備してから弾き始める
準備したら、息を整えたり、数えてから始める
等々いろいろな始め方をすると思います。
中には全然気にしないで始める、という人もいるでしょう。
 
でもね、やはり1音目ってとても大事です。
フォルテだろうがピアノだろうが、ゆっくりだろうが速いだろうが、最初の音は大事に弾いてもらいたいと思います。
 
では、どうしたらよいのでしょう?
呼吸です‼️
鍵盤に手を置き準備しますね。次にこんな音を出したいなとイメージします。そうしたら、息を吸います。吸い込むのと、手首を動かすのとを連動させると、1音目を弾く動作へと繋がります。
息の吸い方は、曲によります。
速い曲は、1拍ぐらいの勢いよく吸います。
ゆっくりな曲は、ゆっくり吸います。
 
1音目を弾くときも、曲によって、吐くときと息を止めてしまうときとがあります。 
速くてフォルテの時は、息を止めた方が勢いに乗れますね。
しかしフォルテでもコードで始まるときは、むしろ吐きながら弾きます。
ピアノの曲では、例えばショパンのような曲は、弾く一瞬は息を止めてしまいます。緊張感のある音が出ますね。
柔らかい流れるような曲ては、音楽と共に息も吐いていきます。
 
ぜひ、やってみてください。
まずは、フォルテの和音で試してみてください。
①打鍵、力は入れっぱなし 
②打鍵、弾いたら直ぐ力を抜く
さて、ここでもうひとつアドバイスを。
ジャーンと弾いたとき、体や頭が下を向いていませんか?
ジャーンと弾き終えたとき、肘が曲がった状態で外を向いていませんか?
これでは、力は抜けません。
ジャーンと弾くとき、上体は起こしたままで、肘を伸ばす感じに弾くんです。つまり、ピアノをぐいっと押す感じです。他の例でいうと、お友達の背中をちょっと強目に「ねぇっ」って押す感じです。わかるかなぁ・・・。これができると、弾いた後、直ぐ力を抜く事ができます。
これだけでも音色は違うはずです❗②の方が断然音の伸びがあり、聴いている人の耳に優しい音色になっています。
 
③息を吸って、息を吐きながらジャーン
④息を吸って、息を止めてジャーン
息を吸うとき、手首や腕も一緒に持ち上げます。走る前の「用意」みたいなものですね。
②とは、音色が違うと思いますし、身体にも優しい弾き方です。③④は曲によって、使い分けると良いと思います。
 
フォルテで、息を吸って弾き始める事が出来るようになったら、是非ともピアノの出だしもやってみてください。
どんなに小さい音でも、息を吸ってからの出だしは失敗しないはずです。
 
まとめです。息を吸ってから始める。
上体は起こして、肘を縮めない。これは、ロマン派のメロディを弾くときにとっても有効です🎵
久しぶりなので、書きたいことがありすぎて、なるべく短く書いたつもりですが、まとまりがないかもしれませんね。
また、書き足していきます。
では、今日は、ここまでです。
 
 
Dsc_5304

« お久しぶりです | トップページ | 俳句の思い出 »

piano」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1704675/74119778

この記事へのトラックバック一覧です: 曲の弾き始め方:

« お久しぶりです | トップページ | 俳句の思い出 »