フォト

にほんブログ村

写真

無料ブログはココログ

« Grieg Nocturne Op.54No.4 | トップページ | HPリニューアル・チラシ作り »

2017年6月10日 (土)

音の無い所へ

今日は暑いです。

空気もだんだん湿気を含んで身体にまとわりつくようになってきました。

暑さはどんなに暑くても良いのですが、湿気は苦手です。                

 

先日、小学校時代の友人とランチに行った時の話です。

どこかへ旅行でも行きたいわねえ、ということから、

どこへ行きたい?と。

 

私は、自然の中。

まだ、カナダにいた時に友人たちと行ったカヌートリップが楽しかった。

私の車に数日分の食料と飲み物、料理器具、寝袋などなどを詰め込んで、トロントから北の国立公園まで行き、そこで、カヌーを借りて、更に薪を買い込んで、出発です。

Maxresdefault
googleからお借りしました。

                5d0e11111f146aa26ec8b52985add5c5_f3

 




         

川を上って行くと、ビーバーダムにぶつかり、

そこは、まずはダムに上がって、カヌーを反対側によいしょっと持ち上げねばならず結構大変でしたが、漕ぎ始めたら長い枝を加えたビーバーが帰ってくるのが見られ、ラッキーでした。

 

とにかく漕いで漕いで、良さそうなキャンプ場を見つけて陸の上へ。

テントを張り、夕食を。

夜になると月が無かったため、満天の星。天の川もくっきりと見え、見事な天体ショーでした。ルーンという夜鳴き鳥の声を聞きつつ、星を見るのは実に現実離れしたものです。

 

夜中に寝ていたら、友人がアライグマに引っかかれたとちょっとした騒ぎがあり、朝起きるとキャンプファイアーの辺りは荒らされていましたが、食料は木からぶら下げていたので無事でした。

雨でしたが、移動することに。途中遠くでゴロゴロ鳴りだし、これは絶対危ないから陸へ上がろうと岸辺へ。上がったとたん、近くの木に落ち、その衝撃が足にビリビリ来たのにはビックリしました。雷の怖さを知ったのもこの時でした。

 

雨の中、友人が上手にテントの入口に屋根を付けてくれ、その下で、まあちょっと快適とは言えないけれど、でも、トコトン楽しい夜を過ごしました。

雨のせいか、アライグマのちょっかいも無く、翌日は朝もやが美しい朝でした。

 

帰りのカヌーの中で、テレビも電話も無い生活はたまには良いわね、ということに。電話は欲しいという友達もいたけれど、私は要らない派の方。テレビが欲しいという友人は居ませんでした。

2017年の今ならば、テレビもスマホも無い所が良いかな。

でも、日本のどこに行ってもスマホは通じてしまうのかしら・・・?

とにかく数日機械音の無い所へ行きたいなあ。

 

暑いですね。熱中症などにくれぐれも気を付けてお過ごしください。

 

Img_3079       

 Img_3081


                   


       

 

 

 

Img_3083




                    

Img_3088


       

 

 

 

Img_3092       

 

 

 

Img_30931



          

 

 

 

Img_3097




Img_3100

 

 

 

 

« Grieg Nocturne Op.54No.4 | トップページ | HPリニューアル・チラシ作り »

memories」カテゴリの記事

Toronto」カテゴリの記事

コメント

如何でしょうね いっそのことスマホなど持たずに出かけてみたら。

こんばんは♪

カヌートリップ、実に羨ましい限りです!
カヌー目線での眺望を満喫してみたなぁと思っていますconfident

曲がりなりにも登山を趣味としているボクは、
テレビもスマホも一切通じない場所もたまに経験します。
ちょっと昔なら、それが普通の事だったのにと思うと、
何だか不思議な感じもしますね。

ハッピーのパパさんnote
すみません。バタバタとしていまして、
お返事が大変遅くなってしまいました。
暑かったり寒かったりと・・・。どうぞお身体に気を付けてお過ごしくださいね。

billさんnote
大変お返事っが遅くなり申し訳ありませんでした。
カヌートリップ、本当に楽しかったです。
大自然の体験は貴重ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1704675/70819977

この記事へのトラックバック一覧です: 音の無い所へ:

« Grieg Nocturne Op.54No.4 | トップページ | HPリニューアル・チラシ作り »