フォト

にほんブログ村

写真

無料ブログはココログ

« 教室の近況報告 | トップページ | こんな弾き方していませんか?① »

2016年10月 5日 (水)

しばしカナダへ

西日本は台風で荒れ模様。。。何事も無く過ぎてくれることを祈っています。

関東はまだ時々日射しがあります。でも、ものすごく湿度が高い。

気圧のせいか、少々頭痛が。耳鳴りもしています。

さて、一昨日、ヤマハに楽譜を買いに行ったら、

店頭にこんな本を見つけました。1475645387459_2

目を引くタイトルですよねパラパラと中を見て、買ってしまいました。
まだ、20ページほどしか読んでいないのですが、これは今習っている生徒さんもですが、まだピアノを始めていないお子さんや親御さんに薦めたい本です。

ピアノを習うお子さんが増えているそうです。嬉しいことです。

こちらも勉強をして、良い先生にならねば!!

 

話は変わりますが、

9月30日は、私の恩師Ronald Turiniの誕生日でした。

あれから30年、先生もかなりの歳になってしまいました。というか、私があの頃の先生の年になってしまいました。

アハハ・・・と苦笑そっかあ、あの頃の先生と同じ年かあ・・・。

複雑なものですよねえ。

 

とにかく車が好きで、ピアノの話題以外は車の話を良くしていました。車を新しくする度に、子供のようにはしゃいでいましたしね。楽しかったです。

日本食が好きで、町にその当時唯一あった日本レストランにちょくちょく行きました。大学卒業する頃、もう一軒出来、先生も大喜び。卒業してからもレッスンを受けに行くと、そのお店に食べに行こうよ、と言うほど。

ピアノは天才型なのに、人柄は・・・。気が弱い!!自分のリサイタルなんていうと一月前から精神的に不安定になってしまうし、室内楽で他の共演者がいても楽屋でウロウロしているし、嫌なことを頼まれても断れなくてウジウジしてしまうし・・・。

でも、たくさんのことを教えていただきました。

楽しいことも、辛いことも、嬉しいことも、厳しいことも。寝ても覚めても音楽ばかりの生活でしたが、今思えば充実していました。

 

先生には8年教えていただきました。先生から卒業してまもなく結婚のため日本へ戻ってきました。やはり頃合いだったのでしょうか・・・。

 

しばし気持ちはカナダへ。。。

Dsc_40951


« 教室の近況報告 | トップページ | こんな弾き方していませんか?① »

piano」カテゴリの記事

Toronto」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
今のところ台風の大きな影響は無さそうです
ご心配ありがとうございました
(*˘︶˘*).。.:*♡
カナダへ行かれるのかと思って読んで
ホッとした気持ちになったのは何故でしょうね
(๑´ㅂ`๑)興味を持って習い事を最後まで出来る事は
大変で凄いことだといつも姪たちに言ってます(๑ ˊ͈ ᐞ ˋ͈ )ƅ̋(๑ ˊ͈ ᐞ ˋ͈ )ƅ̋
たくさんの方が興味を持って来てくれるといいですね
一ヶ月が早くて、1年があっという間に感じます
本当に早いですよね~

何というか、ホッコリとした気分にさせられました
"恩師と呼べる人がいることの幸せ"と、""恩師と呼ばれることの幸せ"
…を思うと、生意気で煩悩の塊のようなボクには、
色々な意味で修行が足りないなぁと思います。

天竺を目指す資格があるかどうかは別として、しかし、
心意気だけは失いたくないなぁと。
"人間らしさ"が一つのキーワードですね。
(全然まとまらず、スミマセン)

Mikikoさん こんばんは。
カナダに行かれるんでしょうか、それとも気持ちだけなのかな?
行かれるようなら、ワクワクでしょうね。

話は変わりますが、以前お話した16歳でショパンコンクール最年少出場をされた女性ですが、幸い8月末に、私の郷里でリサイタルを開き聞く機会がありました。 後で聞きましたが右手の小指先を怪我して出血をしながら弾かれたようです。 幸いその後は回復されたようですが、今はパリと日本の学校の両方に在籍しながら行き来しているようです。 

facebookをされていますので、よろしかったら友達になってみてはいかがしょうか。
⇒ https://www.facebook.com/nagino.maruyama

たびたび すみません。
facebook のリンクがうまくないようです。
「丸山凪乃」 と言う名前で検索してみてください。

おはようございます
北を見ると台風一過。南の空を見ると曇り・・・と真っ二つの空です。

ウフフ・・・心だけがカナダへ行っていました
姪っ子さんたちは元気ですか?
大きくなったのでしょうね

「継続は力なり」姪っ子さんたちの成長が楽しみですね

billさん
記憶に残るピアノの先生は3人。3人ともトロントで巡り合った先生方ですが、
その中でもTurini氏の出会いは強烈でしたし、本気で向き合った先生でした。
多分向こうは「恩師」なんて呼ばれているなんて思ってもいないでしょうね。自分がおじいちゃんだということもわかってないかも・・・

そんな強烈な出会いってこれからもあるかしら?なんて時々思います。

たかchanさん
FB行ってみました。どう登録するのか忘れてしまったので、また後ほど行ってみますね。
カナダへは気持ちだけの旅行です。
行かれたら良いのですがね。。。

こんばんは、早とちりの私、息子ちゃんたちと行かれるのかな~と。
すっかり、その気になっていました。

思い出のカナダ、青春のカナダ、心に羽が生えて、一気に飛んでいけるところが
いいですね。

思い出にひたるだけでなく、ちょっと先生に会いにいってはいかがですか?
「ikiko,まぼろしか?」ときっと目をこすって喜ばれることでしょう。

そして何年ぶりかの音楽談義.......。何十年だっても≪あのころ≫にワ~プ..。


豊かな思い出のある人生を送れた幸せ、つくづくありがたいことです。

ロコさん
カナダ時代は悲喜こもごもの正に青春時代
その中でも、想いが詰まっているのは恩師との年月。
息子が落ち着いたら、行きたいですねえ。トロントの地を踏んだとたんに10代・20代の自分になってしまいそうですね

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しばしカナダへ:

« 教室の近況報告 | トップページ | こんな弾き方していませんか?① »