フォト

にほんブログ村

写真

無料ブログはココログ

« can't write・・・ | トップページ | 夕暮れとGipsy King »

2012年11月12日 (月)

指ではなく手首と肘

久しぶりとなってしまいましたm(__)m

先週から、子供たちのことでいっぱいいっぱいで、自分の時間がほとんどなかったような・・・

 

でも、今日は書くぞ

 

ピアノ奏法についてどうしても書きたかったことが。

先日、ひっさしぶりに来た高校生の生徒さん、良く弾く生徒さんで、今回はショパンやバッハなど数曲。

さて、どの曲も達者に弾いているのだが、どうも音が抜けたり、べったりした音色だったり、メリハリも無く平坦な弾き方になっている。

 

それもそのはず、指だけで弾いているから。手が大きい人、指が強い人はあまり考えなくても良いかもしれない。

しかし、普通、腕や手首を使わずに指だけで弾こうとしていると、鍵盤が浅く、響きも音色も伝わってこない。

 

指から肘を常にまっすぐな状態になるように弾く。

簡単な例で言うと、ドレミファソを、指番号12345で弾く時、常に指から肘をまっすぐな状態にするには、ドを弾く時とソを弾く時では、かなり手の甲の向きは違っている。

つまり、それだけ手首が左から右へ移動するわけだ。1から5へ体重移動している感じ。

更に、ドミソドと弾く場合、ソから高いドを5の指で弾く時は更に外へ移動しなくてはならない。それを指だけで弾こうとすると、金槌で斜めから釘を打つようなもので、しっかりと鍵盤を弾いていない状態である。

 

肘そして手首で指をリードする。

だから手首は柔軟に。

でも、指はしっかりと。

 

もちろん、曲を練習しながら、肘や手首の動きに注意するのも良いが、スケールやアルペジオやブロークンコードの練習をしながらそういう動きに注意するのがベストだと思います。

 

1109_3  

 

 

ヒメシャラ(2枚)

 

 

1109_61_2

 

 

 

庭の小さな秋

台風の塩害や、いつまでも暖かいので

鮮やかな赤にはならないまま落葉(T_T)





1110_11        

 

 

 

 

 

 

百日紅

« can't write・・・ | トップページ | 夕暮れとGipsy King »

piano」カテゴリの記事

コメント

今晩は
紅葉、赤くならないまま落ちてしまったのですね

ピアノを弾いている人って感情を表すように、身体を揺らしていたのだと思っていました何も知ら無いので、身体を移動するようにひかないと良い音色が出ないって事だったんですね~
不思議な世界です
私背が高い分手も大きいんですけどピアノ習っていたら弾きやすかったのでしょうかね(~_~;)手が大きいっていうだけでは良いピアニストに成れませんね
音符が読めない私でした○

na noriさん
指が長い・手が大きいと言うだけで羨ましい

ピアノを弾くのって、スポーツ選手と似てますよね。
筋肉の使い方だの、体重移動がどうのこうのって・・・スポーツ選手と似てるでしょ(^.^)
だから、私の先生は運動しろと良く言われました。

お洒落な木がお庭にあるのですね。我がベランダも今年の紅葉はだめです。
色が変わる前に落葉してしまいました。残念です。

さて、ピアノ奏法上の手首、肘の使い方。優しそうで難しいですね。
私は手首が柔軟になるまで、なんと19年かかりました。
私の先生がおっしゃるには、大人から初めて、手首が砕けた人はいないそうです。
生徒で私が初めてだそうで、どうしてできたのですかと言われました。
私が弾いている時、先生が手首を触って、「ここが下におりませんか?」と言われたので、
出来たのです。その時先生が、「ようやく教えられるところまで来ました。」とおっしゃって、嬉しいより、今までの19年は何だったのかと、ちょっとショックでした。
でも力が抜けるとは、そのくらい難しいことです。
力の入っているときは、1時間も練習すると、肩・背中がバリバリになってしまい、
それ以上弾けなかったのですが、今は何時間も弾けるようになりました。
練習時間が延びたことで、上達も早くなりました。

はい、ピアノはスポーツです。遠くの音に飛ぶ時の指の動きは、ジャンプする時の膝の屈伸と同じです。
私は骨格が細いので、テニスをする時、体芯の力を使うよう工夫しています。そうすると自分の体重が無駄なくボールに伝えられ、強いボールが打てます。
ピアノも同じように、メロディーとなる大事な音に、体重が乗るように注意して弾いています。
実際は座っているので、体重は乗らないのですが、イメージです。力ではなく、体芯の力を利用する。怪我をしないためにも重要だと思います。

長々失礼いたしました。とても大事なご指摘だったので、自分が心がけていることが正しいか、聞いていただきたいと思いました。

奥が深いですね。勉強になりました
中学の時の授業でしか鍵盤に触れたことがないボクには、
全く未知の世界です。
(生前、ピアノの調律師をしていた伯父も、仕事の話は一切しない人でした)
ボクももっとピアノに縁のある人生を送っていたなら、
何かが変わってたりしたかなぁ

我が家の庭木も、今年の紅葉はイマイチでした…

ananさん
冷えてきましたね。

素晴らしい進歩ですね。
かなり練習されたのでしょうね。
何かきっかけがあると、フッと力を抜くことが出来るようになるんですよね
そういうのって練習時間が比例してますよね。
指そのものが強くないと、力が抜けていても、良い音は出せないし・・・

やっぱりピアノは難しいです。って、私が言ってしまってはいけませんが

billさん
コメントありがとうございましたm(__)m

おじ様が調律師だったのですね
調律師でしたら、お外でお仕事されていらっしゃるのですもの、ピアノや調律に触れる機会は無いですよね。

もし、ピアノをやっていたら・・・
我が家の息子たちも少々やっていましたが、長男は結局受験などでやらなくなり、次男はエレキギターに変更。
billさんは、どうだったでしょう・・・ね

夕方から風が強く吹いています。
百日紅はほとんど葉っぱが残っていないかもしれません。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指ではなく手首と肘:

« can't write・・・ | トップページ | 夕暮れとGipsy King »