フォト

にほんブログ村

写真

無料ブログはココログ

« ありがとうございました | トップページ | Welcome!! »

2012年8月19日 (日)

呼吸

今日は、なぜか蝉がとても静かでした。どこに行っちゃったんだろう・・・

でも、暑かったわあ

 

さて、今日は「呼吸」について書いてみま~す。

呼吸法については、いろいろなスポーツでも、茶道や書道など、あるゆる分野で話題になっています。ご高齢の方も1日1回、大きく大きく深呼吸をすると良いと言われています。

ダイエットにまで効果大です

 

では、ピアノ演奏では、どのように使うのでしょうか?

弾き始める前に息を吸うのは、最初の音を整えるため。

弾く前に必ずどんな音で弾き始めるかイメージします。

たとえば、同じショパンでも夜想曲ポロネーズでは音色は全く違います。

ポロネーズならば、明るく勢いのある音で始まることでしょう。一方、夜想曲は落ち着いた静かな雰囲気で始めます。

それらをイメージして、息を吸ったら、頭から指に指令が伝わり、鍵盤を弾くこととなるわけです。

息を吸わないときつい音になったり、乾いた音になったりしてしまうのです

 

 

「間を取る」と日本語では言いますが、英語では、"take a breath"と "take time" の二通りの言い方があります。一つ目は正に「息を吸って」間を取るという感じ。二つ目は「時間をかけて」間を取る。微妙に違います。           

さて、ここからは私自身、大学で経験したことです

 

私の先生(Ronald Turini)が、室内楽を良く演奏していたので、練習の付き添いや、ステージで譜めくりをやらせてもらったおかげで、身近に先生やほかの楽器の先生方に接することができ、そこで「呼吸」というものを学びました。

1音1音を奏でるのも呼吸

筋肉を緊張させるのも、緩めさせるのも、呼吸でコントロールし、それが音色に繋がります。ゆっくりで弱音ほど呼吸が激しくなります。

隣で聴いていると、一緒になって呼吸してしまうほど

すごい集中力で音を作り上げていきます

でも、それこそが、モネのような色彩豊かな音楽になるんですねえ

あっ\(;゚∇゚)/でも、気をつけないと、ヘンな呼吸をしてしまうと、とんだ音になってしまうかも・・・

 

 

ピアノはどうしても鍵盤をたたいてしまうので、曲が縦の動きになりやすい

ですから、「歌って」と注意します。息を吸ってから始め、一つのフレーズを歌い切ります。歌ってみて、ようやく横の動きになります。歌いましょう

もっちろん、ヘンなところで息吸わないでね・・・(*´ェ`*)

 

それから、ピアノは指だけで弾きがちです。でも、指だけだと、音が硬くなります

指ではなく、体全体を使って弾いてもらいたいです。それには、呼吸が伴ってきます。

背筋→腕→手首→指。息を吸えば、背筋が動きます。

試してみましょう

 

たま~~に、自分の呼吸に気をつけてみるのも面白いです0816no91


              

 

 

8月16日夕方@逗子海岸                        

 

« ありがとうございました | トップページ | Welcome!! »

piano」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆

私は 3年ほど前から ピアノを弾き始めたんですけど
独学なので、何も わかってません・・・

呼吸って、そんなに大事なものなんですね~・・
明日から 呼吸にも気を使って 練習してみます。 

すごく 勉強になりました♪
ありがとうございます


lapinさん
ごめんなさい、コメントいただいていたのにチェックしていませんでした。

はい、呼吸はとっても大事です♪
歌うのと一緒ですから、是非、歌いながら弾いてみてくださいね。そうすると、どこで息を吸えば良いか、どの程度吸えば良いかなどわかりますから
お試しください

lapinさんは、何を弾いているのですか?

あれからずっと、呼吸を意識しながら 弾いてはみるのですが、
なかなか上手くできず・・・ ふと気づくと、息が止まっていたり・・・

40を越えてから始めた素人には、かなり むずかしいですね。
でも、あきらめずに がんばってみます♪

ピアノの先生に こんなこと言うの 恥ずかしいんですけど
どうしても クラシックが弾きたくて
今は、ショパンのノクターンを 身の程知らずに猛練習中です

lapinさん
応援してますよ~~!!
ショパンのノクターンはどれを弾いているのですか?

まずは、手を鍵盤の上に置いて準備、息をスウ~っと吸ったら、音を出してみてください。息を吸うと、手首や腕が一緒に動いていませんか?
ほら、鼻で息を吸うと、背中もしくは胸が開くじゃないですか(^.^)それと連動して腕や手首が動くんです。
その動きから音を出すと柔らかい音が出るんですよ

トライしてみてください

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呼吸:

« ありがとうございました | トップページ | Welcome!! »